① タイヤ・ホイール洗浄
『美しさは足元から』は車も同様、専用のブラシやクリーナーを用いて車の足元を綺麗にしていきます。
アスファルトの油分や ホイルに付着したブレーキダスト等を綺麗に洗浄します。
ホイールの内側も綺麗に洗浄します。
②ボディー洗車
車のボディーには新車でも汚れや砂埃が付着しています。この付着物を高圧洗浄機で汚れを飛ばしたあとシャンプー洗車を行います。車の性質上、風雨は前からあたるので洗車の水も前方から当てながら計算して洗っていきます。
③汚れ(煤煙・塗装ミスト)・付着物(鉄粉・ピッチ等)除去
前の工程で洗車を行いましたが、鉄粉や細かな異物がボディーに刺さっていたり付着しています。この付着物がやっかいものですが、仕上げに左右してきますので専用の粘土を用い丁寧に取り除きます。
鉄粉が付着していると、塗装表面がザラザラした状態になり、汚れが引っかかりやすく、汚れるスピードが早くなってしまいます。
また、鉄粉は最悪の場合、塗装表面を侵食する恐れがありますので注意が必要です。
④エアーブロー
ボディーに残っている水を拭きあげ、拭き切れない細部の水を高圧エアーで完全に飛ばします。
⑤マスキング
車にはゴム部分やモール部分が含まれています。次の工程前に汚れの付着や傷を付けないようにするため細かなところまで丁寧に専用のテープで覆っていきます。
⑥研磨作業
ボディの、洗車キズや塗装のくすみ(色ボケ)などをポリッシャーとバフとコンパウンドを切り替えながら、塗装面の状態を新車時のように戻していく作業を行います。
ガラスコーティングはポリマー・ワックス等と違い、磨いた状態がそのままボディーに反映されます。 つまり、研磨技術でボディーの輝き・艶・コーティングの耐久が決まります。ボディー状態にも合わせたポリッシャー(磨き専用機)にバフ・コンパウンドを用い、熟練の技で車のボディーを磨き上げます。 この時にボディーを平滑化させる事が重要となり、最終コーティングの下地をつくります。
⑦脱脂
表面をコーティングする前に、コンパウンド等の油分を除去しなければなりません。脱脂剤をボディー全体に噴霧し油分を浮き上がらせ洗車します。
脱脂シャンプーを使用してパネルとパネルの隙間に入った研磨時に出たコンパウンドの粉や埃を脱脂シャンプーで水を流しながら、隙間も念入りに丁寧に掃除することが大切です。
脱脂洗車後、脱脂剤を用いてとことん脱脂します。
⑧エアーブロー
ガラスコーティングの施工に邪魔な水分を拭き取ります。
⑨コーティング
コーティング施工は、 (1)丁寧に手塗りにてコーティング塗布 (2)ボディーへ浸透させる (3)コーティング剤の拭き上げを行います。この作業を数回繰り返すことでコーティング剤が重なり、ムラのない美しいボディーを生み出します。
ワンパネルごとにガラスコーティングを塗布して、車全体を丁寧に施工します。
⑩仕上げチェック
エアブローで埃を飛ばしながら最終チェックを実施しています。ボディーのチェックはもちろん、車の全体をもう一度見直します。最終的には柔らかい素材のクロスで仕上げ拭きをして完了となります。

お気軽にお問い合わせください。092-577-5235受付時間 9:00 - 19:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせ・ご予約はこちら お気軽にお問い合わせください。